首折り男のための協奏曲(考察)…大藪の死因などネタバレも

日常

 

首折り男のための協奏曲

まずタイトルが面白い、

興味深いと感じる方も多いと思う。

 

この殺人鬼のまわりで起きる不可解なできごとを紹介し、

果たして大藪とは誰なのかという部分にも言及しながら

物語を考察していく。

 

 

首折り男のための協奏曲を考察!ネタバレ注意

 

まず、首折り男のための協奏曲のあらすじを軽く触れる。

ネタバレを含むため、中身知りたくという方は、

ここまでにしておいて欲しい。

 

 

本作は、1首折り男の周辺、2濡れ衣の話、3僕の舟、

4人間らしく、5月曜日から逃げろ、6相談役の話、7合コンの話

以上の7章より構成されている。

短編小説だ。

 

 

では、それぞれの7つの話を簡単に触れていこう。

 

1首折り男の周辺、2濡れ衣の話は、

首を折って殺人をするという殺人鬼のお話。

 

 

3僕の舟は、1、2で登場した殺し屋の隣に住む

夫婦の過去の恋愛事情が描かれている章だ。

奥さんが、自身の初恋の相手を探偵の黒澤に探してもらうよう

依頼するところから物語は進んでいく。

 

 

4人間らしくは、クワガタ好きで自分もクワガタを飼っている作家が

探偵の黒澤にクワガタについて熱く語るというお話。

かごの中で飼っているクワガタがたまにひっくり返ると

それを戻しているという作家。

 

作家は、そういう自分のことをクワガタにとっては神ではないか

と思うことがある。

 

 

5月曜日から逃げろは、テレビプロダクションの久喜山と、

泥棒兼探偵の黒澤の盗品の肖像画を巡る謎解きミステリー。

 

 

6相談役の話は、感じの悪い金持ちの2代目社長が

怨霊に懲らしめられてしまうという物語だ。

主人公がその金持ちのことを羨ましく思い、

嫉妬し探偵の黒澤を使って不倫現場を抑えようとするのである。

 

 

7合コンの話は、男3女3の合コンのお話。

合コンを通して人間は見た目か、中身かという話になる。

一番見た目が良くない男が実はピアノを演奏することができ、

やはり中身なのかという話になる。

 

 

7章にわたり、殺人、盗み、合コンと幅広い話を楽しむことができ、

この1冊で伊坂ワールドを十分に味わうことができると考察する。

 

 

首折り男のための協奏曲、大藪の死因は?

 

首折り男のための協奏曲の中では、

たびたび一瞬のうちに首をひねり、

殺人をする殺し屋が登場する。

 

1章の首折り男の周辺では、

殺し屋が全国各地で若者から中年まで、

職業についても俳優や刑事まで

様々な人が殺されていることが描かれている。

 

 

この殺し屋こそが、大藪なのである。

大藪は、7章の合コンの話の中で死んでしまう。

 

殺人を終えたことを報告するメールの中で、

 

「来る前にピアノコンサートのポスターを見かけた。

百年に一人の天才らしい。きっといいんだろうな。どうせチケットは手に入らない。

せいぜい、CDで聴くのが精一杯じゃないか。CDでもいい。いつか聴けるだろうよ。

死ぬまでには。おまえが死ぬ時にはどこからか聞こえるさ。」

 

という内容がある。

 

奇妙なことに、その後大藪がピアノのCDがかかった部屋の中で、

ピアノに傾けながら眠るように死んでいたというのだ。

 

 

物語はこのような匂わせを残したまま終わる。

結局大藪の死因はよくわからないまま、

推理は読者に任せるという語りで終焉を迎えるのだ。

 

 

1章から7章までの物語また、殺し屋大藪の動きを追い、

ハラハラドキドキできる伊坂幸太郎の魅力の詰まった話だと言える。

 

 

まとめ

 

首折り男のための協奏曲は、1首折り男の周辺、2濡れ衣の話、3僕の舟、

4人間らしく、5月曜日から逃げろ、6相談役の話、7合コンの話、

以上の7章より構成されている。

短編小説だ。

 

首折り殺人をする男の様子を追いながら、

7章を通じて殺人、盗み、合コン

幅広い話を楽しむことができる。

 

 

その殺し屋大藪という男で、

最後はピアノのCDがかかった部屋の中で、

ピアノに傾けながら眠るように死んでしまうのである。

 

 

物語の最初から最後まで、気が抜けず、

常に楽しみながら伊坂ワールドを味わえる小説であると言える。

 

タイトルとURLをコピーしました