picture managerの使い方を紹介!microsoft office windows10 picture manager(ピクチャーマネージャー windows10 64bit)の使い方

日常

 

画像編集する際に便利なpicture manager

しかしwindows10を使用するようになり、

使えなくなった方もいるのではないだろうか。

 

今回は改めてpicture managerの機能を説明すると共に、

windows10内でも今まで通り

picture managerを上手く使える方法を伝授する。

 

 

microsoft office picture manager(ピクチャーマネージャー)の使い方!

 

microsoft office picture manager(ピクチャーマネージャー)とは、

PC上に画像が保存してあるところから、

画像を管理、編集、共有するためのツールである。

 

検索し、画像が見つかるとpicture managerで、

自動で画像編集が行われる。

コピーと貼り付け、トリミングを行う際には、

画像編集ツールを使用して作業することとなる。

 

 

では、microsoft office picture manager

具体的な使い方について説明しよう。

 

①画像を管理する。

画像のある場所にショートカットを追加すると、

フォルダーの長いツリーの行き来が不要となる。

 

ファイルシステム上での作業と変わらず、

ショートカットの追加先から画像編集が可能である。

 

まず、フォルダーへのショートカットを作成する。

画像のあるフォルダーに移動→フォルダーを右クリックして、

ショートカットの作成を選択→ショートカットをデスクトップにドラッグ。

 

そして、画像へのショートカットを作成する。

PCの画像のあるところを見つける→フォルダーを右クリックして、

ショートカットの作成を選択→ショートカットをデスクトップにドラッグ

→ショートカットを右クリック→office2010では、microsoft officeを選択。

 

picture managerでは自分の写真が開かれる。

 

 

②画像を編集する。

編集メニューと画像メニューを使用、

以下の設定を調整すると画像の見た目が変更できる。

 

(1)明るさとコントラスト、(2)色、(3)トリミング、

(4)回転と反転、(5)赤目修正、(6)画像サイズ変更。

 

編集完了の後、上書き保存もしくは名前を付けて保存で、

新しい画像が保存できる。

 

 

ピクチャーマネージャー、windows10 64bit picture managerの場合は?

 

windows10には、購入したばかりの初期の状態には、

そもそもpicture manager(ピクチャーマネージャー)が搭載されていない。

このことを知らないと、画像編集を行う人や、

ブログ運営をしている方は少し手間になってしまうかもしれない。

 

 

picture managermicrosoft office10以前のソフトに付属しているもので、

office2013、office2016にはついていない。

従ってマイクロソフトのshare point designerというソフトをダウンロードする必要がある。

 

 

(1)まずmicrosoftのダウンロードセンター内の

microsoft sharepoint designer 2010(64ビット版)について

記載されているページにいき、ダウンロードをクリック

 

(2).Exeファイルを実行するもしくは保存する、

というメッセージが出てくるため、実行をクリック

 

(3)ライセンス条項に同意、実行をクリック

 

(4)インストールの選択ページ内にて、カスタマイズをクリック。

 

(5)Officeツールを展開、microsoft office picture managerを選択。

 

(6)microsoft office picture managerの横にある、

ドロップダウンの矢印をクリックしてマイコンピューターから実行をクリック。

 

(7)今すぐダウンロードをクリック。

 

これで、windows10 64bitバージョンのpicture managerを使用することができる。

 

 

注意点としてはwindows10には、写真というアプリがあり、

これが従来のpicture managerの後継にあたる。

従ってpicture managerという名称のものは、

無いので注意すること。

 

内容については、今までと同様で画像の保管、

編集ができるものになっており、使い方も変更点はない。

 

 

まとめ

 

microsoft office picture managerとは

PC上に保存してある画像を管理、編集、

共有するためのツールである。

 

 

主な使い方としては2つ。

画像を管理する作業と、画像を編集する作業だ。

 

画像編集については

(1)明るさとコントラスト、(2)色、(3)トリミング、

(4)回転と反転、(5)赤目修正、(6)画像サイズ変更。

6点を作業することができる。

 

 

microsoft office windows10(64bit版)の picture managerだが、

microsoft office10以降のものには、picture managerがついていないため、

まずshare point designerをダウンロードしなければならない。

 

インストール後は、写真というアプリがpicture managerの後継にあたるため、

このアプリを使った画像編集作業ができるようになる。

使い方についての変更点はない。

 

タイトルとURLをコピーしました