本当に効果があり成功しやすい産み分けゼリーランキング

産み分けゼリーは希望する子どの性別によって選ぶ必要があります。

様々な企業から多くの産み分けゼリーが販売されていますが、「絶対に女の子が欲しい」「男の子を妊娠したい」という場合には”ph値”を意識してください。

各社のph値を比較した時に、あなたの願いを叶える産み分けゼリーを発見出来ます。

女の子を望む場合はジュンビー社のピンクゼリー

ジュンビー社
ピンクゼリー
ベイビーサポート
forガール
SS研究会
ピンクゼリー
ph値4〜5 ph値6 ph値8
公式サイト
公式サイト
公式サイト

女の子を妊娠する際には、膣内が酸性に近いほど可能性を高められます。

女の子を妊娠するためには「X精子」を強く受精まで生き残らせなければなりません。

しかし、女性が妊娠しやすい時期は膣内がアルカリ性になるため、アルカリ性に弱いX精子は受精まで辿り着けないのです。

女の子用の産み分けゼリーは、そのような状況を改善するために膣内を酸性に近い状態にしてくれます。

その値はph値を参考にすることで分かるのです。

上記の3つの産み分けゼリーのph値が最も酸性に近い数値であり酸性に傾いているのがジュンビー社のピンクゼリーがより一番効果が期待でき、成功率が高いと言えます。

弱酸性に作られているのは、酸性にまでしてしまうと体に害が出てしまう可能性があるためです

最も体に悪影響を及ぼさないで女の子を妊娠しやすくさせるための数値だと言えます

男の子を望む場合はジュンビー社のグリーンゼリー

ジュンビー社
グリーンゼリー
SS研究会
グリーンゼリー
ベイビーサポート
forボーイ
ph値9 ph値9  ph値7
公式サイト
公式サイト
公式サイト

男の子を妊娠するためには、女の子の場合とは反対の現象を求める必要があります。

男の子を妊娠させるY精子は酸性に弱くアルカリに強いものですから、ph値が高い方が可能性が高まるのです。

ジュンビー社のグリーンゼリーとSS研究会のグリーンゼリーがよりアルカリ性に傾いているので一番効果が期待でき、成功率が高いことが上の表から分かります。

ただ、SS研究会のグリーンゼリーは湯煎する必要があり、面倒な作業が必要なのでオススメはジュンビー社のグリーンゼリーです。

グリーンゼリーは湯煎の必要がなく、性行為の雰囲気を損なうこともありませんのでスムーズな産み分けに挑戦をすることが出来ます。

産み分けゼリーに成功できる方法についてはこちらのサイトが詳しく紹介しています。